アメリカ英語とイギリス英語 ーあなたはどっち?


Twitterに2択のアンケート機能が実装されました。

そこで、試しにこんなアンケートをしてみました。

 

アメリカ英語とイギリス英語、好きな発音はどっち?

 

すると24時間後に次のような結果がでました。

 

アメリカ英語のほうが多いかなぁと思っていましたが、なんとちょうど半分に分かれました。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 

ということで、今日はアメリカ英語とイギリス英語の発音について簡単にお話したいと思います。

 

米音・英音の違い

日本で出版されている英語音声学の本は、大抵「アメリカ英語」と「イギリス英語」の2種類の発音(以後、アメリカ英語の発音のことを「米発音」、イギリス英語の発音のことを「英発音」と記すことにします)を扱っています。英和辞典などもたいてい両方言及しているので、おそらく伝統的なことなのでしょう。

 

出展:『ウィズダム英和辞典 第2版』

 

上記のように、たいていの英和辞典には、米・英で著しく発音が異なる場合は2通り以上の発音記号が記されています。発音記号は大抵スラッシュ( /~/ )の中に書かれているのですが、バー( | )が書かれている場合、その左に米発音、右には英発音が記されています。

パッと思いつく顕著な違いを以下に挙げてみます。まだ特徴はあると思いますが、私が意識するのは以下が主なものです。

 

①r母音

米発音では母音の後ろのrは、rの音色を伴った母音である「r母音」として現れます。

米 nurse(r母音あり)

 

一方、英発音では基本的に「r母音」は現れません。

英 nurse(r母音なし)

 

 

②短いaの発音

すべてではありませんが、aの綴り字がある母音で短く発音する場合(/ei/と発音しない場合)、米発音では/æ/、英発音では/ɑː/となることがあります。

米 can’t /kænt/

 

英 can’t /kɑːnt/

 

 

③短いoの発音

oの綴り時がある母音で短く発音する場合(/oʊ/と発音しない場合)、米発音では/ɑ/、英発音では/ɔ/となります。

米 God /gɑd/

 

英 God /gɔd/

 

 

④切り取られた母音

英発音の母音は、時に「切り取られた母音」のように短く聞こえることがあるようです。後ろにtなどの子音がくると、前の母音がこのようになることがあります。

米 butter

 

英 butter

 

 

⑤ハネるt

米発音では、/t/の発音は、母音と母音に挟まれ、かつ前の母音にストレスが置かれる場合、ラ行のような「ハネるt」になります。

米 water

 

英 water

 

 

⑥口蓋化

Cubaやtubeなどの発音では、英発音は米発音と比べ口蓋化という現象が起きます。具体的には/u:/の母音の前に/j/が入り、/ju:/となります。極端な場合、前の子音も変わります。

米 tube /tuːb/

 

英 tube /tjuːb/ or /tʃuːb/

 

 

⑦語末のy, i

最近ではあまりありませんが、一昔前の英発音では、単語の最後(語末といいます)のyやiの発音は日本語の「い」と「え」の間くらいの音の/ɪ/になっていました。

米 family /fǽməli/

 

英 family /fǽməlɪ/

 

 

⑧二重母音o

二重母音のoも、米発音では/oʊ/、英発音では/əʊ/という風になります。/əʊ/の発音を極端に発音しイギリス人の話し方の真似をする人もいます。

米 boat /boʊt/

 

英 boat /bəʊt/

 

 

⑨イントネーション

イントネーションといっても様々あり、話者の感情などによって複雑ですが、以下の違いがわかりますでしょうか。一般にイギリス英語のイントネーションは気取ってお高くとまった風に聞こえる(British English sounds “posh”!)そうです。

 

米 I don’t understand what you are talking about.

 

英 I don’t understand what you are talking about.

 

 

自分の場合

大学生になるまで、米発音と英発音の違いをあまり意識することなく勉強してきました。高校生の頃からNHKラジオ講座を聞きながら発音の練習をしてきましたが、私が意識して練習していた英語はたいていは米発音だったと思っています。唯一覚えている英発音はイギリス人作家で俳優のStuart Varnam-Atkinさんの朗読や『やさしいビジネス英語』のビニュエット(ダイアログ)に出てきた女性の方の英語でした。

 

当時の私にとって英語らしい発音といえば、やはり/r/の音でした(いまだにこう考えている人は多いような気がします…)。特にはじめて「母音の後ろの/r/」がきれいに発音できるようになってからは、得意満面になって(ドヤ顔で)英語を音読していたものです。そうしたこともあって、私は大学で本格的に英語音声学を学ぶまでは、基本的に米発音ベースの学習していたことを覚えています。

大学に入って英語音声学を学び、「イギリス英語もかっこいいなぁ」などと思うようになったので、英発音の習得にも励むようになりました。

中でも影響が大きかったのが、大学時代の同級生で現在同僚のF君の英語でした。大学3年の時に偶然同じゼミになり、最初の授業の自己紹介で彼の英語を聞いた時は衝撃でした。Sherlock Holmesが好きなF君は大学時代から英発音の習得に励み、きれいな発音を身につけていたのでした。現在も英語教師をやりながら研究者としても活躍されており、私の尊敬する友人です。

また、「英語達人列伝」でも書きましたが、通っていた大学で英語音声学を担当されていた英語の達人の先生方(松坂先生、東後先生、石原先生)にも大きな影響を受けました。

 

 

 授業は米発音

というわけで、両発音の習得にチャレンジすることになりました。学生時代は塾講師を長くやっていましたが、その時もずっと米発音を使っていました。その他諸々の場面でも、日常的に米発音を使う習慣がついていたので、英発音は「朗読の練習」以外は使うことはありませんでした。

当時は新聞記事やラジオニュースを音読の題材として練習をしていました。私が1年半くらい前に録音したTokyo Roseについての説明朗読を例に見てみます。

 

 

Iva Toguri, better known as “Tokyo Rose,” was born in Los Angeles on July 4, 1916. After college, she visited Japan and was stranded there after the attack on Pearl Harbor. Forced to renounce her U.S. citizenship, Toguri found work in radio and was asked to host “Zero Hour,” a propaganda and entertainment program aimed at U.S. soldiers. After the war, she was returned to the U.S. and convicted of treason, serving 6 years in prison. Gerald Ford pardoned Tokyo Rose in 1976 and she died in 2006.

出展:Tokyo Rose biography, from biography.com

 

現在でも、授業で英語を教える時は主に米発音を使っています。これという理由はないのですが、たいていの教科書には発音記号が米発音が記されているからかもしれません。

 

日常会話は、米:英 ≒ 50:50

最近では同僚にイギリス人(10年来の友人です)がいることもあり、英発音で話すことも多くなってきました。というか、話す相手によって無意識にアクセントを変えてしまっています。相手に引っ張られるとでもいいましょうか、相手がアメリカ人やカナダ人なら、米発音、イギリス人なら英発音といった具合です。

 

私が今でも覚えている英発音の教材があります。

 

大学の時、ある授業でdictationに古いBBCのニュース放送が使われていました。その時に聞き取ったものを、その後しばらくシャドウイングなどを通して暗唱しました。昔のテロ事件の話なので、ちょっと気持ち悪いですが、こうした暗唱によって英発音の特徴をだいぶ身につけることができたように思います。幸いまだ覚えていたので録音してみました。たしか、こんな読み方だったと覚えています。

 

 

Police in Belfast have accused the IRA of planning to kill members of the security forces with a ten-thousand-pound bomb, which was diffused near the centre of the city early this morning. The bomb was found in a stolen ban, which had been left behind in the advertisement hoarding in the market area. An elderly woman collapsed and died as several hundred families were moved from their homes during the alert.

出展:Unknown; some excerpts from BBC news

 

まとめ

簡単に米発音と英発音を紹介してみましたが、いかがだったでしょうか。正直、私は米・英両方の発音が好きです。たまに混じってしまうこともありますが、混ざらないように意識して英語を話すように意識しています。

 

みなさんは、米発音、英発音どちらを身につけようとしていますか?

 

 

 


takeondo
About takeondo 48 Articles
都内の私立学校に勤務する英語教師(英語科教諭)。学生時代に英語音声に魅了され、英語教師の道へ。とりわけ関心があるのは、英語のプロソディ(超分節音的側面)とよばれるリズム、イントネーションなど。英語朗読、英語落語にも興味があります。 Certificate of Proficiency in the Phonetics of English 2nd Class 趣味:囲碁(四段)、ランニング(ハーフ1時間30分/フル3時間40分)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*